⇒
ビフォー アフター
アフターの1年後 パーマはそのまま生きています
ビフォー アフター

髪の毛は皮膚呼吸をしています。

コーティング(汚れ)の除去と栄養を与える事でキュティクルが再生されます。

しかし、コーティングが付着していると、栄養も入りにくくなり、コーティングが剥がれるときに、キューティクルも剥がれ水分も抜け出します。

コーティングでごまかしてもいいのですが、むらにキューティクルが剥がれてしまい、剥がれてしまった部分はパーマやカラー剤が早く浸透してしまいます。

その結果むら染めが発生し、パーマはかかり過ぎの個所と全然かからない個所が出来ます。

基本施術者はパーマがかかったかどうかのチェックは、かからない個所に合わせるために、かかり過ぎの個所が出来てしまい、傷んだり手におえない出来上がりになってしまいます。

カラー剤は、剥がれているところで色が抜け、パーマはウエーブが出なくなり、パーマの持ちが悪くなります。

このむらを無くす為に、キューティクルに付着している汚れをきれいに取る必要があります。

汚れを取る事で自ら、髪のRNAで修復力を高め、何も付けなくても、とてもセットしやすい髪にすることを修復といいます。

レイラスサロンでは、コーティングを使用していない方は、この工程を前処理として後半の仕上げで栄養導入してキューティクル再生を促します。

しかし何年もコーティングをしている髪は、更にバームクーヘン状(イメージ)の汚れを剥がす工程から始めますので時間がかかります。

カラーやパーマを美しくかけたい方は、かける前に修復コース(5回)をお勧めします。

 

ピックアップ記事

翔 日記

  1. 2020-6-27

    柔軟剤の容器で手作り、ステンシル筆入れ

  2. 2020-4-23

    くるみボタンでつまみ細工に

  3. 2020-2-10

    二重虹が美しい

自然

思い出

  1. 2020/6/27

    金魚の寿命を
  2. 2020/6/27

    くるみボタン